仮想通貨(ビットコイン)とは何? 仕組みは? わかりやすく図解

最近話題の「仮想通貨」「ビットコイン」について解説します。

なるべく簡単に分かりやすく説明していきますので、3分もあればすべて読めるでしょう。

仮想通貨(ビットコイン)とは

仮想通貨とは「インターネットで使えるお金」のことです。

仮想通貨にはいろいろな種類があり、その中で最も有名なのが「ビットコイン」です。

代表的な仮想通貨は4つ。

  • ビットコイン
  • イーサリアム
  • リップル
  • ネム

その他、1300種を超える仮想通貨が世界に存在しています。

仮想通貨の特徴

ビットコインを代表とする仮想通貨には、次のような特徴があります。

  • 世界中で使える
  • 送金・受取ができる
  • 価格差を利用してお金を稼げる

安全性が高く、送金や受取ができる。
このことから「買い物」や「取引」「決済」などに活用され、世界中で「インターネットの標準通貨」として広まっています。

そしてもっとも特徴的なのが、「仮想通貨でお金を稼げる」というもの。

「仮想通貨の価格はいつも動く」というポイントをうまく活用することで、現在では10万〜1億円を稼ぐことが可能になりました。

1億円を稼ぐ「億り人」が続出!

2017年、仮想通貨のひとつ「ビットコイン」が25倍という記録的な値上がりをしました。

ビットコインの価格が25倍。
たった10万円のビットコインを買った人たちが、いきなり250万円を手にしたのです。

早くから仮想通貨を始めていた人たちは、この機会に多くの利益を得ました。

特に500万円以上のビットコインを買っていた人たちは1億円を超える大金を手に入れ、「億り人」と呼ばれるようになりました。

最近なにかと仮想通貨が話題になっているのは、「とても簡単に儲かった人があまりにも多かったから」です。

どうすれば稼げるの?

やることはたった2つ。

  1. 仮想通貨が安い時に買う
  2. 仮想通貨が高い時に売る

これだけです。
複雑な専門知識やツールは不要です。

誰でもかんたんに始められます。

さて、もう少しくわしく説明しましょう。

仮想通貨は一種の「モノ」です。
買ったり売ったりすることができます。

ただし含む仮想通貨には、決まった値段がありません。
1秒ごとに値段が動いています。

さっきまで100円だった仮想通貨が150円になっていたり、300円ものが70円になっていたりします。

「仮想通貨で儲ける」というのは、この価格システムを利用することを意味します。

具体的な方法は、

  1. 価格が上がりそうな仮想通貨を買う
  2. 価格が上がるのを待つ
  3. 価格が上がったら売る

これだけです。

ピンとこないかもしれないので、例を挙げます。

  • A時点:価格が上がりそうな仮想通貨を買う ※10万円で購入
  • B時点:価格が上がるのを待つ ※ここで売ったら100万円の利益
  • C時点:価格が上がったので売る ※ここで売ったら200万円の利益

以上です。

仮想通貨でやることは、基本的にこれだけ。

びっくりするくらいカンタンですね。

今からでも間に合う?

2018年現在、仮想通貨はさらなる盛り上がりを見せています。

世界中の政府や企業が「仮想通貨」を使いはじめ、毎日のように新たな通貨が誕生しています。

最近ようやく話題になりはじめた仮想通貨ですが、実際のところ日本でそれに注目している人はごくわずか。

「早くスタートするほど有利」が鉄則の仮想通貨。

今からでもまったく遅くはありません。

可能なら今日すぐにでも始めましょう。

必要なものは?

仮想通貨を始めるのに必要なものは、次のどれかひとつ。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

どれかひとつです。

早い話、スマホひとつあれば今すぐにでも仮想通貨を始められます。

この手軽さが仮想通貨人気の理由です。

今すぐ仮想通貨を始めよう!

仮想通貨の特徴をまとめましょう。

  • とてもカンタン
  • 必要なのはスマホかPC
  • 専門知識はいらない
  • 今すぐ稼げる

仮想通貨の取引は24時間365日。

うまくやれば今すぐにでも資金を数倍にすることが可能です。

仮想通貨の熱は世界中で高まっており、何十倍もの利益を稼げるような仮想通貨は毎日のように出現しています。

今ならまだ競争率の低い仮想通貨。
多くのお金を稼ぐチャンスは十分に存在します。

今すぐ、誰でも、かんたんに。

それでは、さっそく仮想通貨を始めましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です